シャームストーリセッション

スラムに生まれアークスとなった少女。
その小さな体に刻まれた炎のタトゥーが意味する物はなんなのか。
少女が望む力とは、戦いとはなんなのか。
シャームストーリセッションです。
生きていく中でのシャームの成長が描ければ良いかなって思います。

条件、師匠と組手を行う。クリア

特に何もする事もなくて、ふと僕は師弟関係になったあの人を思い出した。
僕は超える事が出来るのか、どれだけすごい人なのか、僕は知りたくなった。


条件、大型ダーカー種との戦闘 クリア
詳細:ファルス・ヒューナル6回(内4回敗北)

なんだか体が熱い、熱があるわけでもない。
そんな僕の後悔の一日。


条件
1:「女」を探し出し交戦 クリア
2:シャームの相談に乗る クリア

出会うべきじゃなかった。
ただ僕はそう思った。



あの日から幾月、僕の、僕である為の日



あれから二年、僕は僕の為に、誰かの為に始めた事。
だけどそれは自分と向き合うきっかけにもなったのかもしれない。



知りたくない事実というのは案外すぐ傍にあったのかもしれない。
もし時を戻せるなら僕は止めたのだろうか?

ふと思い出せない事がある。思い出せないならきっと大事な事じゃない。
でもなんでこんなにも引っ掛かるのだろう…
条件:幾人かの同じ違和感を感じる。




小さな日記―――――――――――――――
僕が生きてきた印を残していこう。
日常の一幕や起きた出来事。
そして突拍子の無いサイドストーリーを。

思い立った修行の日、僕はあまりに運がなかった。
ここまで運が無いと、ちょっと笑っちゃうね。

あぁ、運が無い、あんまりにも。
ここまでくると涙が出るよ

  • 最終更新:2017-04-20 02:14:35

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード